紹介されました!

立命館アジア太平洋大学のホームページにLEGAMEが紹介されました。

http://www.apu.ac.jp/home/gallery/article/?storyid=220

APUでは、2017年度より学生の自主活動を支援する新しい取り組みを始め、学生の自主活動を「タイプA:自立イベント型」、「タイプB:選抜プロジェクト型」、「タイプC:企業団体共創型」の3種類に分類し、学生らは自分達の活動形態に合った支援を受ける事ができるようになりました。

そこでLEGAMEは「タイプB:選抜プロジェクト型」に挑戦しました。

「タイプB:選抜プロジェクト型」は、「国際社会で活躍するための異文化受容力・協働力を養う」「正課での学びを活かす」「社会に貢献する」ことを強く意識した、独創的で突出したプロジェクトが選抜され、選ばれたプロジェクトは学生課職員による企画運営能力を高める研修やフィードバック、補助金などの強力な支援を受け、活動を行います。

このプロジェクトに参加したLEGAMEはAPUからの補助金を受け、バングラデシュへ行ってきました。

現地の革職人さんとコミュニケーションをとったり、植林を行いました。

特に貴重な経験はノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス氏にもお会いし、今後のソーシャルビジネスの展開などを議論してきました。

利益を追求するビジネスはお金を多く持つ人からの収益を考えますが、ソーシャルビジネスは中間層や低所得層が購買者や提供者となりビジネスを行います。中間層の人口が多くなる現在、より多くの人から信頼を得ていくのかが鍵になると強く感じました。

ムハマド・ユヌス氏は何度も日本にきたことがあり、APUでも講演を行なったことがあります。

今後はLEGAMEがホストとなり再度日本へお招きし公演してもらえればと思っております。

より多く人がソーシャルビジネスに関して勉強すれば、世界がよくなるはずです。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *